FC2ブログ
2013/02/25

帽子をお見舞い品にする時の注意

現在帽子を販売しているサイトでギフトラッピングの対応をしていないのには理由があります。

お見舞いで帽子をもらったらどう思うだろうと自分自身を考えた時、お見舞いしてくれた人との間柄によっては微妙な感情を抱く可能性があるからです。
例えるなら、バレンタインデーに義理チョコを差し上げた人からホワイトデーにランジェリー類をお返しに渡された時のような感じでしょうか。
非常に微妙です…

家族や古くから親しくしてきた友人のような、近くて親密な関係であるなら素直に喜んで受け取れると思います。
それ以外の仕事関係やママ友程度の間柄であったら、髪がないことは周知されていたとしても、そのことには触れてほしくない部分であったりします。
治療中は健康な時とは違い、精神状態も不安定になりますし、物入りだろうと気を遣ったつもりで帽子を贈ったことで、かえって患者さんの心の負担となってしまうことがあるからです。

お見舞いの品を選ばれる時は、間柄を計るというのは難しいですが大切なことですね。

自分の経験では、お見舞いは手ぶらで来ていただくのが一番嬉しかったです。
他愛のない会話で気分転換できて明るい気持ちになれました。

お見舞いに行かれる方は、形式や気持ちの押し付けにならないよう、気遣ってあげていただきたいと思います。





 minne → http://minne.com/atelierf
 iichi → http://shop.iichi.com/atelierf


にほんブログ村 美容ブログ アロマテラピーへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ

にほんブログ村 病気ブログへ

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ

スポンサーサイト



2013/02/23

iPS細胞に期待すること

今大注目のiPS細胞。
実用化までまだまだ時間がかかりそうですが、自分の細胞で失われた器官が再生できたらどんなに良いでしょう。

できることならば、自分の細胞から作ったiPS細胞を、再生したい器官の場所に注射すれば自分の体内でみるみるその器官に培養されて、気が付けば元通りなんてことになったらいいなと思うのです。

そうしたら手術で病気の器官を取り除いても、再生できればその後の生活の不安や不便も今よりはなくなるかも知れません。
そして、生殖器官を失った方や、高齢や病気で不妊に悩んでいる人にとって、子供を持つことを望む人は今より困難でなくなるかも知れません。

やりたいことが沢山あるのに若くして大病を患ってしまった人にとって、再生医療は一つの光になることでしょう。

早期の実現に期待します。




 minne → http://minne.com/atelierf
 iichi → http://shop.iichi.com/atelierf


にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ

にほんブログ村 病気ブログへ
2013/02/22

脱毛時にも被れる、ゆるい帽子 新作追加

ここ数年の冬は寒さが厳しい年が増えている気がしますが、今年の冬は一段と寒さが長引いているような気がします
一週間もすれば3月になりますが、この寒さは和らいでくれるのでしょうか。

さて、脱毛時にも被れる「ゆるい帽子」の新柄をminneiichi追加しました。

http://minne.com/atelierf/item/84065
http://www.iichi.com/listing/item/86125

Facebookページにも写真を掲載しています。

先日予告しましたとおり、多色ボーダーの裏面をカーキのニットに変えたものとなります。
リバーシブルとなっていますので、どちらの側を表にしても被っていただけます。
csr-008-k-IMG_0930_300.jpg
このボーダー生地は裁断する場所で印象が変わりますね。





こちらから全ての作品と詳細をご覧いただけます。
被り方の例も載せていますので、ぜひ見に来てくださいね。

 minne → http://minne.com/atelierf
 iichi → http://shop.iichi.com/atelierf


にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ

にほんブログ村 病気ブログへ
2013/02/20

脱毛時にも被れる、ゆるい帽子 在庫補充

先日在庫がなくなっていました脱毛時にも被れる「ゆるいリバーシブル帽子 多色ボーダー/黒起毛(CSR-005-B)」をminneiichiに在庫補充しました。

http://minne.com/atelierf/item/66739
http://www.iichi.com/listing/item/70983

csr-005-b-IMG_0813_300.jpg

暖かくなるこれからの季節のために、こちらの多色ボーダーの裏面をカーキにした薄手の帽子も作りましたので、近日中にお知らせできる予定です。



こちらから全ての作品と詳細をご覧いただけます。
被り方の例も載せていますので、ぜひ見に来てくださいね。

 minne → http://minne.com/atelierf
 iichi → http://shop.iichi.com/atelierf


にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ

にほんブログ村 病気ブログへ
2013/02/16

脱毛途中の髪型

脱毛が始まると、残っている髪をどうしようか迷うと思います。
抜け方は人によって違うので、どんなふうにするか正解がないのが悩ましいところです。

一週間程度で一気にほぼ抜けてしまわれる方もいらっしゃいますし、抜け始めてもそれほど抜けない方もいらっしゃいますので、なんとも難しいですね。

私の場合は7月中旬から抜け始め、2週間くらい激しく抜けました。
当初は思い切って早々に坊主にしようと思っていたのですが、看護師さんが抜けきってしまうと汗が滝のように流れるようになるので大変だと教えてくれたので、坊主は思いとどまりました。
夏は絶対に汗をかくので、できるだけ髪を自然のまま残して、滝のように流れ落ちるのを防ぐ方を選びました。
結局9月中旬まで、だらだらと少しずつ抜けていったので、気温が暑い時期は帽子と組み合わせて使う付け毛を使わなくても、そのまま帽子をかぶれば少し残った自分の髪で自然な雰囲気にできたので、通院などの外出のたびに暑苦しい思いをしなくて済みました。

そのかわり、毎日お風呂の後は掃除が大変でした。

お仕事でウィッグを使わなくてはならない方、だんだんと髪が少なくなっていく頭を見ることが出来ない方もいらっしゃいますし、お風呂の後の排水口の掃除が大変な方もいらっしゃいますので、自然のままにした方が良いとは言えません。
私も夏でなければ早々に坊主にしていたと思います。

早く副作用のない薬が開発されますように。
医学の発展を祈るばかりです。




 minne → http://minne.com/atelierf
 iichi → http://shop.iichi.com/atelierf



にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ

にほんブログ村 病気ブログへ