FC2ブログ
2013/09/26

ブックカバー 新作追加

読書の秋ですね。
本日ブックカバー(文庫本サイズ)を1点ネットショップ、minneiichiに追加しました。

ネットショップ → http://atelierf.zerostore.jp/
http://store.shopping.yahoo.co.jp/atelierf
minne → http://minne.com/items/230484
iichi → http://www.iichi.com/listing/item/170535

bcb-001-bf-IMG_1154_300.jpg

リバーシブルに作りましたので裏返しても使えますが、内側の生成りの薄地は内側が透けますので、あまりお勧めできないかも知れません。


詳細は販売サイトでご確認くださいませ。




こちらから全ての作品と詳細をご覧いただけます。
よろしければお立ち寄りくださいませ。

抗がん剤等脱毛時の帽子とハンドメイド雑貨 Atelier F(アトリエ エフ)
 ネットショップ → http://atelierf.zerostore.jp/
http://store.shopping.yahoo.co.jp/atelierf
 minne → http://minne.com/atelierf
 iichi → http://shop.iichi.com/atelierf
 Facebookページ



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ

にほんブログ村 病気ブログへ

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
スポンサーサイト



2013/09/25

柔軟剤の香り

最近、柔軟剤の香りが社会問題になっています。

香りの感受性は個人差が大きく、使う場所で配慮しなければいけないことはアロマテラピーを勉強した方ならご存じのことと思います。
香りを使う本人が心地よいと思っていても、その香りが漂う範囲の方にとっては不快な臭いかもしれないからです。
一昔前なら香水の着け過ぎが嫌われたのと同じことですね。

更に、鼻は香りに慣れてしまうため、使用者は香りを感じにくくなり、どんどん濃い香りを求めるようになってしまいがちです。

また、天然100%の香りなら大丈夫でも、人工的な香りは受け付けない方もいらっしゃいます。
実際に私自身がそうでした。

柔軟剤の香り成分は天然の物は少なく、合成された人工的なものが多いと聞きます。
天然の香りは香り立つ時間が短く高価ため、人工の香りで香る時間を長くしてコストを削減しているのかも知れません。
天然成分配合となっていても、どれほど天然の香りが使われているのかは残念ながらパッケージだけではわかりません。

天然100%のエッセンシャルオイル(精油)を使うアロマテラピーを約20年程前から行っていると、昨今の香り(アロマ)事情は人工的な物が多く残念に思うばかりです。

「アロマ=良い香り」ということは世間に認識され、浸透してきたことは嬉しいことですが、アロマテラピー(またはアロマセラピー)が本当に理解され、浸透しているかは疑問に思えてなりません。
なぜなら、100円均一や雑貨屋でのアロマコーナーではほとんどの物がアロマテラピーで使うエッセンシャルオイル(精油)ではありません。
100均の物は間違いなく人工香料ですし、雑貨屋でも天然のものはほんの一握りです。
似たような小瓶で売られているので、誤解されてご使用されている方も多いように思います。

アロマのことをあまり良く知らないけれど天然100%の香りをご希望であれば、やはりアロマの専門店か、雑貨屋などでも専門知識を持った店員さんのいるお店での購入をお勧めします。
仕入れる方に知識がなければ、良質のエッセンシャルオイル(精油)が店頭に並ぶことはあまり期待できません。

私自身の体験ですが、天然の香りに慣れ親しんでいると人工的な香りがわかるようになってきます。

香りはほんのり香ってこそ、その人を引き立たせます。
上手に使って楽しみましょうね。




抗がん剤等脱毛時の帽子とハンドメイド雑貨 Atelier F(アトリエ エフ) 

 ネットショップ → http://atelierf.zerostore.jp/
http://store.shopping.yahoo.co.jp/atelierf
 minne → http://minne.com/atelierf
 iichi → http://shop.iichi.com/atelierf


にほんブログ村 美容ブログ アロマテラピーへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ

にほんブログ村 病気ブログへ

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
2013/09/18

がんの治療と外見

9月18日(水)、NHKのニュースウォッチ9で「国立がん研究センター中央病院 アピアランス支援センター」を取り上げていました。

国立がん研究センター中央病院 アピアランス支援センター
 ↓ こちらがホームページになります
http://www.ncc.go.jp/jp/ncch/consultation/appearance.html

特に女性は外見が変わってしまうことの苦痛が上位にきており、ネットなどの情報が飛び交う中で、どれを信用して良いのか選択することが難しく、信用して行った対処方法でかえって悪化させてしまうこともあり、アピアランス支援センターでは、がんの治療にともない起こりうる症状や対処方法など、本当に正しい情報を伝えたいとのことでした。
センターの室内も美容室のような雰囲気でオシャレな感じです。

以前は命が助かれば、それ以上のことは病院で相談にのる必要がなかったかもしれません。
でも今は、がんと言えども治療中でも普段と変わりないくらいに仕事や外出ができる時代になりました。

脱毛中に実感しましたが、確かに外見が変わってしまうために、外出できる体調であっても出不精になりがちでした。
とにかく人(特に初対面の健康な人)に会いたくないのです。

病院の売店に少々の帽子やかつらが置いてあるだけでは本当の意味での支援にはなりません。
レジにいる店員さんに気軽に相談できませんしね。
日にちの決まったウィッグの相談会はありましたが、総合的な意味での外見について相談できる場所はありませんでした。

病院の理容室も気軽に入れる雰囲気ではありませんでした。
せめて女性の理容師さんが居ることがわかれば相談に行っていたかもしれませんが、病院の外来や病棟ではそのようなことは情報としてもらえませんでした。
(今思えば看護師さんに聞いてみればよかったですね。)

まだ国立がん研究センター中央病院が全国で初めてとのことですが、同様の支援センターが全国の病院に広がってくれたらと思います。
できれば、個室で個別に気軽に相談できる場所があれば、精神的に楽になれると思います。





抗がん剤等脱毛時の帽子とハンドメイド雑貨 Atelier F(アトリエ エフ) 

 ネットショップ → http://atelierf.zerostore.jp/
http://store.shopping.yahoo.co.jp/atelierf
 minne → http://minne.com/atelierf
 iichi → http://shop.iichi.com/atelierf
 Facebookページ



にほんブログ村 病気ブログへ

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ

2013/09/06

治療後、初めての美容院

だんだんと涼しく過ごしやすくなってきましたね。
そろそろ暑かった今年の夏も終わりの気配です。

8月末までのバイトが終わり一段落したので、脱毛以来伸びっぱなしになっていた髪をやっとカットしに行ってきました。
手術前に行って以来の実に1年半ぶりでした。

美容院の担当さんはそこのオーナーさんで、独立される前のお店から10年程お世話になっています。
そもそも年に1~2回しか行かないため、行くたびに切りがいのあるロングになってからお店に伺うというパターンが続いていました。
手術前には闘病生活に入ることは伝えていなかったので、今回ずいぶん経っているのにショートで、しかも髪質が変わっていて毛先が天然パーマみたいにグリグリに巻いている状態は、さすがに説明しなくてはいけませんでした。
病名や病状などは説明しませんでしたが、闘病していたことや脱毛したことを告げると、ずいぶん驚かれていました。

髪はまだトップの部分が伸びていないせいでまだ髪型を選べない状態だったため、じゃまなグリグリの襟足をなくし、あとはバランスよく整えてもらいました。
そうした結果、ベリーショートに戻ってしまいましたが、前のようなお猿な髪型からは解放されました。

帰り際、外までお見送りに来てくれた担当さんに、「また来ますね。」と挨拶して帰路につきました。

半年後か、はたまた1年後か、また髪が切れますように…。





抗がん剤等脱毛時の帽子とハンドメイド雑貨 Atelier F(アトリエ エフ) 

 ネットショップ → http://atelierf.zerostore.jp/
http://store.shopping.yahoo.co.jp/atelierf
 minne → http://minne.com/atelierf
 iichi → http://shop.iichi.com/atelierf
 Facebookページ



にほんブログ村 病気ブログへ

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ





2013/09/02

脱毛時にも被れる、ガーゼ帽子 新作追加

脱毛時にも被れる「ゆったりガーゼ帽子」の新柄をネットショップ、minneiichi追加しました。

ネットショップ → http://atelierf.zerostore.jp/
http://store.shopping.yahoo.co.jp/atelierf
minne →  http://minne.com/items/206386
iichi → http://www.iichi.com/listing/item/159492

cgr-005-p-IMG_1147_300.jpg

「夏に涼しい…」となっていますガーゼ帽子は、これからの季節はニット帽の下地にもご活用いただけます。
ニットのチクチク感が苦手な方におすすめです。

また、先日より在庫切れとなっておりました「ゆったりガーゼ帽子」2点を補充しました。

詳細は販売サイトにてご確認くださいませ。





こちらから全ての作品と詳細をご覧いただけます。
被り方の例も載せていますので、ぜひ見に来てくださいね。

抗がん剤等脱毛時の帽子とハンドメイド雑貨 Atelier F(アトリエ エフ)
 ネットショップ → http://atelierf.zerostore.jp/
http://store.shopping.yahoo.co.jp/atelierf
 minne → http://minne.com/atelierf
 iichi → http://shop.iichi.com/atelierf
 Facebookページ



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ

にほんブログ村 病気ブログへ

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ